LPガス業者が語る!機器ガイド

灯油をこぼして臭い!消臭する方法とは

灯油をこぼして臭い!消臭する方法とは

室内のポータブルストーブに給油する際、ついついこぼしてしまうことがあると思います。

 

そんな時、どのようにするのが一番いいのか、解説していきます。

 

簡単な作業ですので、ご家庭でお試しください。

 

 

灯油をタオルに吸い込ませる

 

灯油はいったんこぼしてしまうと、瞬く間に室内に臭いが広がります。

 

その匂いはなんとも言い難く嫌な臭いなので、すぐに取り除きましょう。

 

まずは、灯油をこぼしてしまった箇所にタオルをおき、灯油を吸い込ませましょう。

 

この作業だけでも、臭いはだいぶ変わります。

 

逆にこの作業を怠ると、いつまでも臭いはとれません。

 

 

中性洗剤を染み込ませたタオルで拭く

 

灯油は油の一種なので、皿洗いなどをする際に使用する中性洗剤で落とせます。

 

中性洗剤をそのまま使用すると濃度が濃く、床を傷めるため、ある程度薄めましょう。

 

中性洗剤で数回拭きましょう。

 

ただ、力いっぱい拭いてしまうと床を傷めるので、茶碗を洗う時と同じぐらいの力でささっと行いましょう。

 

 

上記の手順を3回繰り返す

 

1回だけでは灯油が残っているため、3回繰り返しましょう。

 

そうすることで臭いも劇的に変わりますし、残った灯油は1〜2日で揮発します。

 

床の奥まで染み込んだ灯油はどう作業しても取れないため、灯油が揮発していく1〜2日はガマンが必要です。

 

 

灯油を吸い取る食材

 

ずばり、小麦粉です。

 

灯油をこぼした場所に小麦粉をまいてください。

 

綺麗に吸い取ってくれます。

 

頃合いを見て小麦粉をまとめて回収し、最後に中性洗剤で拭けば臭い対策はばっちりです。

 

使える灯油の見分け方〜一夏越えたらご用心〜

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ