LPガス業者が語る!機器ガイド

都市ガスとプロパンガスの違いを比較

都市ガスとプロパンガスの違いを比較

生活する際に使用するガスには、都市ガス・プロパンガスの二種類が存在します。

 

なにげなく消費しているこのガスの、種類による違いをみていきましょう。

 

 

ガスの成分

 

都市ガスは主にメタンが含まれています。

 

プロパンガスは文字通りプロパンやブタンを主に含んでいます。

 

この気体こそガスの正体となります。

 

ちなみに、どちらも大半を海外から輸入しています。

 

都市ガス・プロパンガスどちらも無色・無臭ですが、ガス漏れした際に気が付くよう匂いをつけてあります。

 

 

ガスの重さ

 

都市ガスは空気より軽いですので、ガス警報器は天井付近に設置されております。

 

プロパンガスは空気より重いですので、ガス警報器は床付近に設置されております。

 

 

供給方式・供給会社

 

都市ガスは、道路の下のガス配管をとおって供給され、そこからガスメーター(マイコンメーター)を経由して家庭で使用できます。

 

そのため都市ガスを使用するには、お住いの地域の都市ガス会社(1地域1社しかありません)と供給契約を交わす必要があります。

 

全国に100以上の都市ガス業者が存在します。

 

プロパンガスは、プロパンガス容器を各家庭に設置し、そこからガスメータ^(マイコンメーター)を経由して家庭で使用できます。

 

供給方式はガス容器設置で比較的簡単なので、供給してもらうにはお住いの地域にあるLPガス会社の中から、会社を選んで契約する必要があります。

 

全国に3万弱のLPガス会社があります。

 

プロパンガスのメリット・デメリット

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ