LPガス業者が語る!機器ガイド

ガス料金が高い!無料で相談できる消費者センターとは?おすすめの相談窓口を紹介します

ガス料金が高い!無料で相談できる消費者センターとは?おすすめの相談窓口を紹介します

 


燃料の中でも圧倒的な料金の高いプロパンガス。
合法的に、プロパンガス料金を安くする裏ワザがあります。

 

それは、とても簡単なことです。
ガス料金を相談できる、無料サポートに連絡をすればいいのです。

 

承諾すれば、料金の安いガス会社に変更してくれます。

 

無料サポートとは、例えば「消費者センター」団体です。
でも、もっとラクに安いガス会社を探してくれる無料サポートがあります。

 

おすすめの相談窓口を紹介します。

 

 

私が色んなサイトを見てきた中で、一番はエネピです。

 

理由は、1つだけです。ガス料金の無料一括見積がとても便利だからです。
エネピの「ガス料金の無料一括見積ページ」で必要事項を入力すると、あなたが住む地域の一番安いガス会社を教えてくれるのです。
1分でできますし、特に入力に困らないでカンタンにできるので、おすすめです。

 

 

私だったらエネピを選びます。

 

余談ですが、エネピは他のウェブ業務(エネルギー関係)も軸としてやっているので、ガス業界以外のエネルギー業界にも精通しています。
信頼できますし、その分サービスも手厚く、ガス会社変更も行ってもらえます。

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――
ガス会社で働いている身からすると、お客さんごとに料金も違うので、高いガス料金を払ってくれているお客さんもいます。
よくある事です。
長年使っているお客さんには還元しようという気持ちのないガス会社も多くあります。
あなたのところはどうですか?
ずっと払い続ける金額なので、早いうちに対応したほうがいいです。

 

 

私の実家もガス給湯器だけで1万以上請求が来ていて、高い料金を悩んでいたんですが、相談窓口(私の場合はエネピ)で相談すると、見積り金額のほうが安いのでガス会社を切り替えました。

 

 

なぜ「無料相談サポート」ができるのか

 

しかし、なぜ相談サポートが受けられるのに、お金がかからないのでしょうか?

 

ガス会社に勤務する私は、だいたい想像がつきます。
この協会は、ガス会社を紹介することでマージンを得ていると思われます。

 

協会から紹介されたガス会社は、儲からないですよね。
しかし、「マージンを支払ってでも顧客を増やせたら上出来」という商売がガス業界です。

 

実際、適正価格でガスを販売して、ガス消費がある限りガス会社は利益を得られますし、5年〜10年継続して回収できれば御の字なのです。
お客さんが増えれば、いつかは利益がプラスになるのがガス業界なので、なんとしてでもお客さんを増やしたいのがガス会社です。
その事情につけこんで、商売しているのがこのサポート会社だと思います。

 

しかも、最近のガス業界では「適正価格」「格安価格」に近づけることでお客さんを増やしていく「薄利多売戦法」が主流となっております。
世の中のプロパンガスを使ってくれるお客さんの数は決まっているので、ガス会社同志がお客さんを取り合っている状態です。
サポート会社はここに目をつけたのでしょう。

 

商売の流れをまとめると、下の図の通りです。

 

    ガス会社(一時的に損/数年で得)
      ↑ ↓
  顧客紹介↑ ↓マージン支払い
      ↑ ↓
    相談窓口(得する)
      ↑ ↓
  切替依頼↑ ↓見積提示
      ↑ ↓
    お客さん(あなたです)(得する)

 

 

良いガス会社を紹介してもらっても、後々ガス料金があがるのではないか

 

しかし、本当に安全なのだろうか?
契約した後に、ガス料金が上がったら最悪です。
騙されたなぁと思ってしまいます。

 

結論から言うと、それはまずあり得ません。

 

そうなってしまったら「プロパンガス適正化協会」の顔に泥を塗ることになりますし、百歩譲って他の顧客に高い料金で販売していても、プロパンガス適正化協会という大元の紹介の顧客に対しては、ゼッタイあり得ません。

 

仮にそうなってしまった場合、プロパンガス適正化協会にクレームを言うか、またガス会社を変更すればいいだけです。
※ただ、輸入価格変動による値上げは当然あります。

 

ちなみにガス会社の変更は委任状に一筆書いて印鑑を押すだけで終わりなので、困った時はカンタンに変更できます。

 

 

相談窓口の選び方とは

 

こういうガス料金について近所には詳しい方はいないですよね。
なので、相談窓口に相談(適正なガス料金の見積り依頼)した方がいいと思います。

 

ネットで検索したら、消費者センター(対応エリア:関東周辺)エネピ(対応エリア:全国)プロパンガス料金適正化協会(対応エリア:東日本)が出てきました。

 

その3社については、どれも信頼できると思います。
なぜなら、対応エリアがちゃんと書かれており、ホームページに運営元の情報が記載されているからです。

 

特にエネピのホームページは作りこまれていて、一番信頼できます。
ホームページが作りこまれているということは、企業としてしっかり活動しているということです。
見栄えを気にして、お客さんを増やす努力が見えます。

 

しかも相談窓口だけではなく、他のウェブ業務も軸としてやっているので、組織としてしっかりしていると思います。

 

HPにアクセスすると、必要事項を書くだけで、その地域の一番安いガス会社を知ることができて、ガス会社変更のお手伝いをしてくれます。

 

 

相談するのは無料だし、とりあえず見積りをとろう

 

見積りを取りたいけど、本当に大丈夫なんでしょうか?

 

私も相談する時はドキドキでした。
何を聴かれるか分かりませんし、どう準備したらいいか分かりませんし…。
最初は、ホームページから問い合わせするほうがラクです。

 

切り替える流れをまとめると下記に通りになります。(お客さん目線)

 

見積依頼をする
   ↓
   ↓
見積提示がくるので、現状と比較する
(普段使用する使用量の範囲で比較)
   ↓
   ↓
料金が安くなるのであれば、ガス会社について検討する
(信頼できる規模か(私の基準は会社員数が30人以上)
   ↓
   ↓
相談窓口経由で切り替えを依頼する
(ここが肝です。直接ガス会社に依頼すると適正料金じゃない可能性あり)
   ↓
   ↓
切り替える予定のガス会社から連絡が来る
   ↓
   ↓
委任状に印鑑、サインをする
   ↓
   ↓
現状のガス会社から「切替した原因」「安くするのでうちでできないか」と打診が来る
(しっかり断ること。よくある断る理由が「親戚がそこで働いている」「ガス料金の高さで信頼を無くした」「もう決めたことだから」)
   ↓
   ↓
ガス切替日打ち合わせ、切り替え完了

 

今のガス料金は適正価格なのか調べる意味も含めて、一度見積り依頼をしてみてください。
ちなみに見積るにはガス使用量と料金を書いたりする必要があるので、電話よりもホームページ上で問い合わせた方がカンタンです。

 

何度も言いますが、カンタンに地域の一番安いガス会社を知ることができて、ガス会社変更のお手伝いをしてくれます。

 

 

 

ガス会社勤務の私がおすすめする団体はコチラ

 

ガス料金を適正価格へ近づけてくれる会社、ざっと調べたら3社ありました。
どれも同じようなサービスですが、どれがいいんでしょう?

 

企業情報を見て対応の良さそうなところは、やはりエネピです。
ですので、私だったらガス切替するとき、エネピへ連絡します。

 

一番安いガス会社を知りたい方は、無料なのでぜったい見積してみたほうがいいです。

 

 

なぜエネピがオススメなのか

 

まず、対応エリアが全国で規模が大きいから安心できます。
大抵は東日本のみ、西日本のみなんですが、このように全国対応できるのは各エリアにコネクションがある証拠です。
コネクションがあるということは、会社間で信頼されているということです。
ですので、私たち消費者も信頼していいと思います。

 

コネクションが多い方が、適正価格である安いガス会社を知っているということになります。
なので、全国エリアで対応してコネクションが多いと思われる、エネピが良いです。

 

しかも他のウェブ業務を軸としてやっているので、組織としてちゃんと動いている証拠です。
他の会社は、もしかしたら1人親方の会社かもしれません。
ですので、エネピが一番無難です。何かあったときに責任をとってくれると思います。

 

民間企業なので、NPO法人よりも不透明なところはありません。

 

しかし、今は良い時代になりましたね。
一昔前はこういう相談サービスはなく、プロパンガス会社はぼったくりに近い価格でたくさん儲けていました。
その時代も終わりのようです。

 

話が脱線しましたが、エネピなら安心して依頼していいと思います。
とりあえず無料なので、一度見積りをとってみたら、今のガス料金が高いか安いかも分かりますのでオススメです。

 

↓↓ホームページ上で簡単な情報を記載するだけで、すぐ見積依頼できます↓↓

 

 

エネピ、プロパンガス料金適正化協会、消費者センターの評判!怪しい真実とは

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ