プロパンガス・灯油の専門サイト

ガス会社への転職【求人情報から必須資格一覧まで】〜仕事内容公開!〜

ガス会社への転職【求人情報から必須資格一覧まで】〜仕事内容公開!〜

ガス会社の転職求人情報を紹介します。

会社によってやる事や必要な資格、待遇など変わってきます。
失敗しないために、ガス会社の主要な業務内容、オススメ求人サイト、オススメ調査サイト、面接対策などを紹介します。

 

■目次■
1.LPガス屋の仕事内容〜会社によって違います!〜
2.入社前に必須の資格とは?
3.入社後に必須の資格とは?
4.転職をうまくこなすために
5.自分の市場価値を知る
6.オススメの求人サイト
7.オススメの市場調査サイト
8.面接の質問集

 

 

LPガス屋の仕事内容とは?

 

求人情報には「営業」とか「保安」とかざっくりしか書かれていなくて、ぶっちゃけ分からないですよね。
私も実際に働くまで想像できなかったですし、逆に「こんなこともするの!?」みたいな業務もあります。
一つずつ解説していきますね。

 

 

保安検査

 

一般のお客さんがガスを使用するにあたって、4年に1回定期検査を行わなければいけません。
余談ですが、その際にガス警報機や一酸化炭素警報機を交換します。この時にマンションの微少ガス漏れが発覚しやすいです。
たいていのガス会社は保安機関に委託しているので、作業はありません。

 

この業務はなかなか面倒ですが、可愛い女性の家にも入れるんで良くもあり悪くもあります。
人との出会いはあるので、ここから合コンに発展した先輩もいます。

 

 

検針

 

ガスメーターで使用量を見ているので、毎月定期的に指針を確認しないといけません。
大企業ではほとんど委託しています。

 

この業務は時間を食うばかりでダルイです。
人とも会わず、もくもくとハンディに数字を打ち込むので、なぜ自分がやる必要があるのか疑問に思う業務の1つです。

 

 

当直

 

お客さんからストーブがつかない、給湯器がつかないと電話があるとき緊急対応する制度です。
水商売盛んな都会では夜中の3時に当たり前のように電話がくるとかいう噂があります。
これは委託せずに対応する企業がほとんどです。

 

キャリコネ転職サービスで口コミを見ると、残業代が出ない会社、定額でる会社、時間給でる会社と規模関係なく様々です。
2chでも調べられますが、信憑性はキャリコネのほうが高いです。

 

 

この業務次第で、ホワイトかブラックに別れます。
自分が昔いた会社は、120日年間休日がありましたがその2割くらいは当直のせいで出社していました。
ここで残業がつかなければ、絶対に行かない方がいいです。

 

 

宿直

 

これは緊急対応の際に会社に泊まる制度です。
定額でる会社がほとんどですが、翌日も連続勤務するかは会社に寄ります。

 

この業務は、とりあえず月に1回以下であれば耐えられると思います。
簡単な仕事です。

 

 

営業

 

ガス製品の販促です。
ガス炊飯器やガス乾燥機、ガスレンジなど…ノルマは会社によります。

 

ノルマがあるかないかで、大変さはだいぶ変わります。
ここも転職前にさらっと確認したいところ。

 

ちなみにキャリコネ転職サービスで口コミを見ると、ノルマのない穴場企業もありました。
ガス会社は、ガスを使ってもらえればいいので、変な話なにもしなくても儲かる仕組みです。
なので、わりとヒマな会社もあるようです。

 

 

定期点検

 

2ヶ月に1度(だったかな?)供給機器の目視点検が必要です。

 

これは検針時におこなっている会社がほとんどなので、気にしなくていいです。

 

 

配送

 

ガス容器の配送はたいてい委託しています。
個人商店は稀に自分で配送しています。

 

90%の会社は配送していないので、大丈夫だと思います。

 

 

工事

 

ガス配管の改修工事やガス機器の設置工事です。
ガス配管は積雪で折れ曲がったり歪んだりするため、雪の積もらない屋根近くまで配管を伸ばして対処します。
配管のラインを再設計する工事です。
ガス機器設置工事はお客さん宅で故障した給湯器が多いです。
どちらも外注業者を使いますが、監督兼作業員として現場を管理します。
工事の段取りをおこない、事務処理は報告書、稟議書、年間収支計画など作成します。

 

ここは確認したいところです。
できれば、営業と工事は担当で分かれている会社のほうが働きやすいです。

 

何度も言いますが、2chは信憑性が低いので惑わされないでください。
もし調べるなら、キャリコネのほうが良いです。

 

 

転職しようかすごい迷っているときに参考にしました。
企業の口コミは働いてた人が書いているので、信頼性もあります。
ぜひ転職する際は参考にしてください。

 

 

入社前に必須の資格とは?

 

ずばり「乙種四類 危険物取扱者」でしょう。

 

この資格は経験がなくても取得でき、かつ危険物の基礎知識を持っているという証になるため、入社前に取得を希望している企業が多いです。

 

ちなみにこの資格があると、ガソリンスタンドでの勤務の時給がアップします。

 

また、資格欄を埋めるのにうってつけであり、ハローワークの資格取得セミナーでも推進されているため、取得して損はありません。

 

レッツ勉学!

 

ガス会社への転職って実際どうなの?仕事内容は?求人はコチラ

 

 

入社後に必要な資格とは?

 

1年目夏「第二種販売主任者」→2年目夏「液化石油ガス設備士」→3年目〜「ガス主任技術者・丙種化学・他現場作業系の資格」

 

1年目の夏はガス販売に携わるために必要な「第二種販売主任者」の資格が必要となります。

 

3日間の講習を受け、国家試験を受ける場合が多いです。

 

この資格を取得することで入居時のガス開栓を行えるようになります。

 

合格率70%くらいです。
簡単なので安心してください!

 

 

2年目の夏はガス配管の施工に必要な「液化石油ガス設備士」の資格が必要となります。

 

こちらは筆記試験のほか実技試験があり、ガス配管で真四角を製作、不備がないか・漏洩がないかのテストとなります。

 

この資格を取得することでガス配管の組立・解体が行えるようになります。

 

筆記は簡単ですが、実技はたまに落ちる方がいます。
もし落ちても何回も挑戦できるので、大丈夫です。

 

 

3年目は簡易ガス事業に必要なガス主任技術者や、ガス配送に携わる丙種化学、その他現場作業で必要な電気工事士、土木施工管理技士です。

 

しかし大半は資格を取得しません。(業務外のため資格手当がつかない)

 

私は電気工事士をとりました。
独学で取得できるので、オススメです。

 

 

転職を上手くこなすために

 

転職する時期を計画

 

周囲を見回すと、3年未満に転職している方はわりといます。
私の職場も、6人採用して2人辞めていました。

 

統計によると大卒の3割以上が3年未満に辞めるらしいです。

 

ただ資格取得できる専門職ならば3年は働いた方がいいです。

 

 

逆に、得るものがないと判断するならすぐに転職すべしです。

 

 

早い段階から様々な企業を研究しておく必要があります。

 

 

おすすめ求人サイト

 

余談ですが、求人を探すときはミイダスが簡単で使いやすいです。
最近認知度がグングン上がってきています。

 

注目する点は、「企業サイトにしか掲載されていない求人情報も網羅している」ということ。
企業サイトにしか掲載されていない求人情報はリクナビネクストやマイナビ転職など大手求人サイトには掲載されていません。

 

しかし、ミイダスに登録すればそういった情報も載っているので、大手求人サイトにはない情報が見れます。
目立たない求人情報は倍率が低いので、ライバルがすくなくて転職できる確率も上がります。

 

私は「リクナビネクストとマイナビ転職に登録していればいいじゃん!」と考えて登録していませんでしたが、ちょっと後悔しています。

 

 

まだ認知度は低いので、おすすめ。

 

 

自分の市場価値(妥当な年収)も教えてくれるので、登録だけでもしてみては?

 

 

オススメ口コミサイト

 

気になった求人の会社は、できればインターネットで評判を確認した方が無難です。

 

会社の口コミを検索すると大抵2chやよくわからないまとめサイトが出てくると思います。
しかし、信憑性が低いので参考にしない方がいいです。

 

もし調べるのであれば、ある程度信憑性の高そうな情報が多いキャリコネ転職サービス を参考にした方がいいです。

 

このサイトをみると、「体育会系だ」とか「長時間労働・休日出勤」とか「在籍していればお金がもらえる」などいろんな評判が見れます。
良くも悪くも正直に書かれているので、参考にしていいと思います。

 

 

私自身はキャリコネ転職サービス で確認+実際に夜は何時まで電気がついているか(何時まで働いているか確認できる) をチェックしていました。
そうして、評判が悪くない会社へエントリーしました。

 

履歴書を送り通過すると、いよいよ面接です。

 

 

 

面接の質問集

 

面接で聞かれる質問対策は、以下のポイントをおさえておけば大丈夫です。
箇条書きでずらずらっと書いていますので、参考にしてください。

 

自分への質問

・簡単な自己紹介/経歴紹介

 

・アピールを含めた「自己PR」→「強み・長所」や「職歴・経歴」を関連づける

 

・過去の成功体験や実績→転職後のキャリアプランに関連付ける

 

・弱み(「理想の自分」と比べ「今の自分に足りないポイント」)

 

 

自分×大学時代への質問

・アルバイト・サークルを詳細に答える

 

・どのような内容/規模か?

 

・どのような立場/役割か?

 

・どのような経験/成果を積んだか?

 

具体例&数字を用いること

 

 

自分×現職への質問

・職歴・経歴を詳細に答える

 

・どのような内容/規模か?

 

・どのような立場/役割か?

 

・どのような経験/成果を積んだか?

 

具体例&数字を用いること

 

 

〜成功体験/失敗体験〜
・工夫やプロセス

 

・その経験はその後どう活きたか?

 

・ミスの再発防止はできたか?

 

・相対的・客観的に要素を分析する(目的→考え→行動→成果)

 

 

〜仕事観〜
・普段の仕事での気配り

 

・仕事に対するモチベーション

 

・喜びを感じるポイント

 

志望企業の「求める人物像」に合わせる

 

 

〜転職〜
・現在の職場では改善できない転職の目的

 

・転職して何がしたいか

 

・どのような環境を求めているか

 

・前職から今回の転職への志望動機の一貫性/変化

 

 

〜志望動機〜
・志望企業の独自性・強み

 

・その職だからこそできること

 

・転職先を選ぶ条件/優先順位

 

・志望企業のHP/業界動向

 

 

〜やりたいこと〜
・この仕事をうまくこなすコツ

 

・身につけたいスキル→具体的なプランニング→業務で活かすイメージ

 

 

その他の質問

・「関心あるニュース」情報の収集力や感度といったセンスや興味の幅を見られる

 

 

まとめ

ガス会社にはいろんな資格が必要!
でも、入社後にとるのが大半なので、心配いりません。(そんなに難しくもないです)
就職さえしてしまえばこっちのものです!w

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ