LPガス業者が語る!機器ガイド

プロパンガスのメリット・デメリット

プロパンガスのメリット・デメリット

プロパンガスのメリットはたくさんあります。一つずつ見ていきましょう。

 

プロパンガスのメリット

 

火力が強い

 

プロパンガスの熱量は、都市ガスの約2倍です。(プロパンガス1?24000?、都市ガス1?12000?)

 

そのため、料理店などではプロパンガスを使っているところが多いです。

 

 

災害時の復旧が早い

 

プロパンガスの供給方式は非常に単純な設計のガス管とガス容器でおこなうため、設置や復旧が早いです。

 

震災の際は、電気、水道、電話、都市ガスよりも早く復旧したのがプロパンガスとのことです。

 

ちなみに都市ガスの場合は、地中にガス管を埋設する供給方式のため、災害時は亀裂により漏洩する可能性があり目視で確認できないため発見が遅れる場合が多く、災害後も様々な検査を完了しないと使用できません。

 

 

建築時のコストが安い

 

プロパンガスは供給配管を組む時、費用がかかりません。(0円です)

 

プロパンガスのガス配管は「供給設備」と呼ばれ、プロパンガス会社が責任をもって点検・定期検査をおこなう義務があるためです。

 

ちなみに都市ガスは地中のガス配管から自宅までの引っ張る必要があり、その費用はお客様の負担となります。

 

 

プロパンガスのデメリット

 

ガス代が高い

 

都市ガスと比較すると、プロパンガスは高いです。

 

原料や運搬料の兼ね合いでどうしても高単価になってしまうのです。

 

基本料金も単価料金も倍以上になりますし、月々のランニングコストを考えるのであれば、都市ガスが一番いいです。

 

 

まとめ

 

プロパンガスは「熱量が高い」「復旧が早い」「施工が簡単」「設置に費用が掛からない」「料金が高い」。

 

そのため、アパート・マンションのオーナー様にはプロパンガスがお得です。(月々のガス料金は入居者様が支払うため)

 

戸建てでは、場合によってはプロパンガスのほうがお得なので、メリット・デメリットを考慮し検討してみましょう。

 

都市ガスとプロパンガスの違いを比較

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ