LPガス業者が語る!機器ガイド

お湯が出ない?それは凍結、もしくは混合栓のゴミ詰まりが大半です

お湯が出ない?それは凍結、もしくは混合栓のゴミ詰まりが大半です

北海道では冬になると気温は氷点下になります。

そうなると心配なのが水道管。
あっさりと凍結してしまうこともしばしばあります。
でもそんなことはあまり起きません。
今回はそんな凍結に関する記事となります。

 

 

お湯が出なくなった!原因を調べる方法

お湯が出なくなった時に、簡単に原因を突き止める方法があります。

 

水は出るか

台所、お風呂どちらも水が出るか確かめましょう。
どちらかで出ない場合、末端(シャワー先端近くなど)で凍結している恐れがあります。
逆にどちらも出ない場合、大元の水道管が凍っている恐れがあります。

 

お湯は出るか

先ほどと同様に、台所とお風呂、どちらの蛇口からもお湯が出るか確認しましょう。
水がでるのに片方だけお湯がでない場合、末端(シャワーなど)のお湯配管で凍結している可能性があります。
水は出るのにお湯はどちらも出ない場合、お湯の大元の管で凍結している恐れがあります。
まれに給湯器が凍結する場合もありますが、凍結防止ヒーターが内蔵されているためコンセントに繋がっていれば大丈夫です。

 

 

凍結以外が原因!ありがちな事例

夏なのにお湯がでない

もし夏場でお湯がでなくなった場合、混合栓の不良(ゴミ詰まり)が考えられます。

 

引っ越した家のお湯がでない

この場合、お湯バルブの誤操作であることがほとんどです。
台所の中、洗面台の中、給湯器まわりのバルブを確認しましょう。

 

 

対処方法は?どうやったら直せる?

水道管が破裂していなければ、お湯をかける、室温を上げることで直る可能性があります。
ただ凍結する水道管は天井裏がほとんどですので、気温の上昇を待つ、もしくは修理業者を呼ぶことをおすすめします。

 

 

ガス給湯器のエラー表示「給排気閉塞異常」〜リンナイE90/パロマE90〜

 

ガス給湯器のエラー表示「点火不良」〜リンナイE11・12/パロマE11・12〜

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ