LPガス業者が語る!機器ガイド

ガスコンロの調子が悪いとき買替を勧めるたった1つの理由

ガスコンロの調子が悪いとき買替を勧めるたった1つの理由

ガスコンロを使用していて、ふと気づけば火が消えていることありませんか?

着火しないことありませんか?
今回はコンロのよくあるトラブルと対処法についてまとめました。

 

よくあるトラブルとは?

ガスコンロのトラブルでお客様から連絡がくるとき、大抵下記の2つです。
・着火しない
・着火しても手を放すと止まる

 

この症状の原因は下記です。

 

・着火スパークが飛ばない
・電磁弁の異常
・バーナー部分の焦げ詰まり
・フレームロッドの劣化
・接触不良

 

対処法はコレ

とりあえず、電池を交換しましょう。
電池無ランプが点灯していなくても、電池残量の低下の可能性があります。
これにより、着火スパークや電磁弁は直る可能性が高いです。
次に、コンロのバーナー部分やコンロの周囲を綺麗にしましょう。
これによりバーナー部分の焦げ詰まりは解消します。

 

もしこれで直らなければ、部品交換が必要になると思われます。
部品交換は安くて6千円くらいなので、どうせだったら新しいコンロ購入をお勧めします。

 

サルでもわかる!絶対後悔しないガステーブルコンロの選び方

 

ホワロがオススメ。ガスコンロに迷ったらコレを買っておこう

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ