LPガス業者が語る!機器ガイド

プロパンガス業界をぶっちゃける。ガス料金は怪しい?その通りだよ。

プロパンガス業界をぶっちゃける。ガス料金は怪しい?その通りだよ。

燃料の中でも圧倒的な料金の高さで有名なプロパンガス。
その怪しさ満点の業界についてぶっちゃける。

 

そして相談窓口についても解説しています。
プロパンガス適正化協会、消費者センターなどがあるけど、その中でもおすすめのエネピを紹介。

 

 

ガス料金の基準?それは販売店のさじ加減だよ

 

一般家庭のプロパンガスの料金体系は決まっておらず不透明なため、相場より多く請求されていても気づくことはできない。
そもそも公共料金じゃないからね。
ガス会社ごとに料金テーブルが違います。
ではどうすればいいのか?

 

それはガスのプロに相談する事。
そうすれば適正な価格を提示してもらえるし、ちゃんとしたガス会社を紹介してもらえて、ガス料金もちょっぴり安くなるかもしれない。

 

光熱費の中でガス料金はかなりの割合を占めているし、少しでも節約できれば効果は大きい
なんとしてでも下げたい。

 

 

ではどこに、誰に相談すればいいか。
プロパンガス適正化協会や消費者センターなど色んな業者がいるけど、実際わからない。

 

インターネットで調べても信憑性のないような薄い記事しか出てこないもんね。
この記事もそう見えているのかな?笑

 

とりあえず言いたいことは、どこに相談しても同じ。

 

 

なんでかっていったら、その相談元はガス業者からお金をもらってるの
分かります?

 

ガス業者は、お客さんを紹介してもらえる代わりに、そういった相談窓口にマージンを支払うの
分かります???

 

ガス業者はお客さんを紹介してもらえる代わりに、しっかり適正料金でガス料金の請求をします。
そして、数年かけて利益を積み上げていく。

 

 

これが「無料サポート」ができる仕組み。

 

 

ガス料金の見積もりはエネピのサイトで簡単にできるし、やって損はないよ。
現状のガス料金、適正かどうかを知ることもできるしね。

 

 

プロに任せれば、簡単にガス会社を切り替えられる。
別にたいしたことするわけじゃないしね。

 

 

自分だったらエネピ

 

ぜったいエネピ

 

大事なことなので2回いいました。笑

 

なんでかって、まずこういう相談窓口で、全国対応している会社は少ない。
レアパターン。

 

ゆえに強い。
業界を把握しているからね。

 

だからしっかりサポートしてもらえる。

 

【エネピ】無料で一番安いLPガス会社を見つける

 

 

でも2個、忠告あります。

 

よーく聞いてね。

 

まず、切り替えは基本的に戸建て限定。
所有者、オーナーが決定権あるからね。
マンション住みの人は諦めた方が良い。

 

よくあるよね、ガス料金が高いマンション。
あれはもう、どうしようもないんだ。
オーナーとガス会社が契約を結んでるパターンがほとんどだからね。
そう簡単に値段は変わらないしガス会社も変えられない。

 

 

そしてもう1つ、忠告。

 

今のガス会社の担当者と仲が良かったら、絶対切り替えない方が良い。

 

これはねー、悩ましいけどね。
今のガス会社の人と人間関係深いなら、そのままのほうがいいと思うよ。
なんだかんだ助けてもらえることが多いはず。
例えばガスコンロの火がつかない、とかね。
まあそれくらいはどこのガス会社でも対応してるんだけど。

 

1つの基準として、担当者の名前が分からないくらいの浅い付き合いだったら切り替えていい。
新しいガス会社の担当者と仲良くなればいい。

 

そうすれば何かとやりやすい。
安くガスコンロを売ってくれたりね。

 

【エネピ】無料で一番安いLPガス会社を見つける

 

 

プロパンガス料金の相談はメールで申請すること

 

至る所にお問い合わせの連絡先が掲載されておりますが、相談はメールでおこなうこと。

 

失敗したくなければ、絶対です。

 

 

電話では担当者ベースとなる

 

私自身、営業の立場なので分かりますが、電話応対は全くアテにはなりません。

 

一概には言い切れませんが、言いくるめられる可能性があります。

 

というのも、担当者ベースで話が進むと思われるからです。(どこのガス会社も同様です)

 

 

あとで蓋を開けると、「話と違うじゃないか!」ということになりかねません。

 

そうなったら、もう後の祭りです。

 

 

余談ですが、特段そういった傾向が顕著なのが、不動産業界ですね。

 

仕事上付き合いはありますが、担当者に丸め込まれないよう注意しています。

 

 

プロパンガス相談窓口が信頼できる業者であることは確実なのですが、、、

 

担当者は人間なので、さじ加減があります。

 

会話のキャッチボールのミスだって、十分あり得ます。

 

そのため、相談内容は文章で記録に残し、送付しましょう。

 

そして、回答もメールで頂くようにしましょう。

 

 

これは私の勝手な意見ですが、リスク管理には最適な方法です。

 

ビジネスというのは 言った言わない の世界なので、そういったことのないよう何事も紙やデータでやり取りした方が良いです。

 

エネピ、プロパンガス料金適正化協会、消費者センターの評判!怪しい真実とは

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ