LPガス業者が語る!機器ガイド

ガスコンロがつかない時の原因トップ3

ガスコンロがつかない時の原因トップ3

 

よくある原因1位:電池がなくなった

 

ガスコンロの電池がなくなると、電池交換ランプが点灯しますが、このランプが点灯していなくても電力の低下により、安全装置が作動してガスを継続して出すことができなくなります。

 

そのため、まずは電池を交換してみましょう。

 

また、電池の使用期限も確認しましょう。

 

期限切れですと正常に電力供給がおこなえなくなります。

 

 

よくある原因2位:バーナー部分が汚れている

 

バーナーの部分に吹きこぼれ等で汚れが詰まると、時間経過により汚れがこびりつき、ガスが正常に出ない場合があります。

 

そのため、バーナー部分を外して、カナヤスリでこすって汚れを取りましょう。

 

 

よくある原因3位:ガスが止まっている

 

プロパンガスは、ガスメーターを通して各家庭へ供給されます。

 

その過程で深刻なガス漏れがあると思われる場合、ガスメーターの安全装置が作動します。

 

安全装置の誤作動により「点火不良」が起きます。

 

この安全装置を解除するには、ガスメーターの安全装置解除ボタンを押す必要があります

 

(供給遮断している場合、ボタンが赤く点滅しているので分かりやすいです)

 

サルでもわかる!絶対後悔しないガステーブルコンロの選び方

 

 

尚、解除する前に、液晶画面にある表示を確認しましょう。

 

液晶画面には「○」←このような円が3つ横に並んでおり、供給遮断している場合その中にアルファベットが表示されます。

 

A○Cは「長時間使用による安全装置作動」、○○Cは「急激なガス使用による安全装置作動(ガス漏れの可能性あり)」です。

 

もしガスが漏れている場合、復帰作業をしてもガスメーターは遮断したままの状態になるため、お客様個人で復帰させても問題はありません。

 

しかし何かあってからでは遅いので、ガス会社に連絡し対応してもらいましょう。

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ