プロパンガス・灯油の専門サイト

第二種電気工事士の過去問から見る合格難易度・勉強時間・効率の良い資格の取り方

第二種電気工事士の過去問から見る合格難易度・勉強時間・効率の良い資格の取り方

仕事をするにあたり、資格を取得しないといけない場面が出てくると思います。

 

電気工事士を持っていると、室内のコンセントやスイッチなど交換できるため、訪問営業の片手間に恩を売ることができますし、実際に100X電源に関連した工事(圧着など)が行えるようになります。

 

身近な家電製品で言えば、レンジフード(換気扇)やエアコンの設置が可能となります。

 

求人の件数も非常に多く、転職にも有利に働く資格の一つと言えるでしょう。

 

 

合格難易度

 

資格の中では「やや易しい」です。

 

なぜかと言いますと、50%が合格であり、暗記物が多いためです。

 

地道に勉強することで合格できます。

 

 

勉強時間

 

自分は三か月一日一時間ほど勉強しましたが、友人は一週間前から始めて合格していました。

 

そのため勉強時間は一概には言えませんが、合格するだけであれば、過去問を勉強し、分からないところだけ調べ暗記するのが一番でしょう。

 

一か月前から始めるのが個人的にベストであり、安心・確実に合格できる期間だと思いました。

 

(必要な知識のみ暗記でき、なおかつ忘れない期間)

 

 

 

 

効率よく資格を取るために

 

ある程度近道する方法はあります。

 

まず、資格の全貌・目指すべきところを明確にすることです。

 

資格をとるメリット・情報を集めることでやる気が出て、モチベーションが続くでしょう。

 

自分はとある資格サイトで無料の資料請求をして頭を整理してから勉強に挑みました。

 

資料請求をしてよかったことは、ネットで調べた間違いのある情報を鵜呑みにしていることがあったため、勘違いしたまま勉強せずに済んだことです。

 

手間はかかりますがやって損なしですね。

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ